S.E.Onetop合同会社が総務省実施の『テレワーク先駆者百選』に選定されました

S.E.Onetop合同会社(本社:山形県東根市、代表社員:滝口 誠、以下「S.E.Onetop」)は総務省が実施している令和2年度「テレワーク先駆者百選」に決定されました。

テレワーク先駆者百選のロゴ

S.E.Onetopの取り組み

S.E.Onetopでは、2019年に引き続き2020年も政府主催「テレワーク・デイズ」に参加しました。

東北地方の山形県に拠点を構えながら、東京、大阪、そのほかの地方拠点などをWeb会議システムを活用したネットワークで繋ぐことでテレワークを推進しています。
特に子育て世代の女性が、育児と両立しながら在宅にて通常の業務が行える仕組みを作ることで、「働き方改革」「女性活躍推進(※1)」に取り組んでまいりました。

今後も積極的に他県在住の社員を登用するなど、テレワークの利点を最大限に活用し、柔軟な働き方を促進し、一人ひとりが活躍できる環境づくりを実現します。

※1 令和2年5月28日、厚生労働省実施「女性活躍推進企業認定-えるぼし」認定を交付

「テレワーク先駆者百選」とは

「テレワーク先駆者百選」とは、テレワークの普及促進を目的として、総務省が平成27年度から公表しているものです。
テレワークの導入・活用を進めている企業・団体を対象に、「テレワーク先駆者」及び「テレワーク先駆者百選」として公表しています。

平成28年度からはさらに、「テレワーク先駆者百選」に選ばれた企業等の中から、特に優れた施策を進めている企業等に「総務大臣賞」を授与しています。

本年度は新たに2団体が「テレワーク先駆者」、60団体が「テレワーク先駆者百選」として選定されました。

※詳細につきましては総務省のウェブサイトをご参照ください。

■ 令和2年10月30日「テレワーク先駆者百選 総務大臣賞」等の公表 │ 総務省
https://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu18_02000001_00006.html