山形のホームページ制作会社を選ぶ5つのコツ!失敗しないための方法教えます

自社ホームページを制作会社に依頼して制作することになったとき、どこの制作会社にお願いするか、まずそこから悩むのではないでしょうか。

ホームページ制作会社は全国で10,000社以上あると言われており、山形にも40社以上あります。
そこで今回は、山形のホームページ制作会社を選ぶとき、どんなことを目安に選ぶと良いのか、5つのコツをご紹介します。

山形のホームページ制作会社選び5つのコツ

ホームページ制作会社に依頼する際、どんなことに注目して選ぶと良いのでしょうか。

コスト重視、納期重視、サポート重視など、選ぶポイントはいろいろあると思いますが、そんな中でも特に注目したい5つのポイントがあります。

  1. 自社の目的をうまく表現してくれるか
  2. スムーズで良いコミュニケーションが取れる担当者か
  3. 制作費用の内訳を詳しく説明してくれるか
  4. 複数の制作会社の見積りを比べよう
  5. 会社名や代表役員名をインターネットで検索してみよう

では、一つずつ具体的に見ていきましょう。

1.自社の目的をうまく表現してくれるか

ホームページを制作する際に、「イメージは湧いても何から手をつけたら良いのか分からない」という場合もあるでしょう。
まずは自社がなぜホームページを作るのか、その目的を明確にしておく必要があります。

しかし、目的が決まっても制作会社に依頼する際に壁となる問題があります。

それはWEB用語など専門的な知識です。
WEBサイト制作業務を行ったことがない人は、聞いたことのない専門用語に戸惑うかもしれません。
もしも依頼した制作会社が自社の制作意図を勘違いしていたら、「仕上がりが依頼したものと違う」などのトラブルが起こるかもしれません。

自社のレベルに合わせて話をしてくれるかどうか、初心者には分かりにくい専門用語などを若分かりやすく丁寧に話をしてくれるかどうかも確認しましょう。

2.スムーズで良いコミュニケーションが取れる担当者か

次に大事なことは、担当者とのコミュニケーションです。
先に述べたように、担当者と意思疎通ができていないとトラブルが起こる可能性があります。
細かい部分までじっくり話を聞いてくれるかどうか、自社のイメージを理解してもらえる担当者かどうかはとても重要です。

また、担当者の経験や実績があるかないかによってもスムーズなやりとりができるか影響してきます。
対応が遅いとその後の進め方や納期にも影響しますので見極めポイントです。

ホームページは制作したら終わりではありません。
制作を依頼してからホームページが出来上がってもその後にサポートが必要な場合も多く、長い付き合いになることも考えられますので、信頼関係がとても大事になります。

3.制作費用の内訳を詳しく説明してくれるか

制作費用の料金相場は、初めて制作会社に依頼する人にとっては特に分かりにくいかと思います。

また、依頼するにしてもどこからどこまでの費用が発生するのか分からないという声もあります。

制作費用は公開していない業者も多いので、見積りをもらう際に以下の説明をしてくれるかどうかを確認すると良いでしょう。

  • どこまでの制作費用か具体的にイメージできる
  • 内訳費用はいくらか
  • 運用サポートを依頼する際のコスト

業者側と依頼者側との食い違いがあると、後で修正費用が発生することにもなり兼ねないので、費用の内訳はしっかり確認しておきましょう。

4.複数の制作会社の見積りを比べよう

制作費用は業者によっても異なります。同じ内容でも制作会社によって金額が違う場合があります。
その理由がデザインなのか、サポート体制なのかはどうかは確認してみなければ分かりません。

そこでまず、サイト制作依頼する場合は複数社から見積りを取得して比較してみることから始めましょう。
依頼する会社が多すぎても効率が悪いので、質の高い提案を受けられそうな3社程度を厳選します。
そして各社に見積りを依頼して提示してもらったら、次の4点についてチェックしてください。

  • どこまでの作業費用が入っているのか
  • デザインや技術などコンテンツ料金はどうか
  • 作業工程などのスケジュール
  • 運用費用(どこまで依頼するかによります)

予算外で追加になると会社にとっては痛手ですので、始めに確認しておきましょう。

また、単純に料金が安いというだけで制作会社を判断するのはおすすめできません。
安い制作料金には理由がありますので、その理由をしっかり確認することも忘れないでください。

5.会社名や代表役員名をインターネットで検索してみよう

ホームページ制作会社は、大企業から中小企業、フリーランスまで幅広い業界です。
企業規模の違いによっても費用が異なることはありますが、品質が高いか低いかは企業の規模にあまり影響しません。

企業の大きさよりも業者がどんな会社なのかをよく知っておく必要があります。

まず制作会社のホームページをチェックしてみましょう。
会社名、代表役員名は公表していますか。
会社の所在地は的確でしょうか。

企業情報は制作会社のホームページ以外にもFacebookや、Twitterにも掲載されている場合がありますので検索してみると良いでしょう。
ビジネスニュースなどの情報も有力です。

ホームページは、長期にわたって運営していくものです。

信頼できる業者かどうかを見極めることは重要です。

ホームページ制作はいくらでできるの?

ホームページの制作会社は全国に10,000社以上あると言われています。
制作会社に依頼する場合は大体の相場を見ておく必要がありますが、費用が公開されている業者は多くはありません。

依頼する内容によっても金額が違い比較するのが難しいところですが、大体の相場は押さえておくと良いでしょう。

山形のホームページ制作の費用相場

山形で実際にホームページを制作することになった場合、どのくらいの相場を見ておけば良いでしょうか。

インターネットで調べてみると、39,800円と格安のところもあるようですが、一般的には20万円~200万円と幅の広い設定となっています。
幅の広い料金設定の理由としては、お客さまの要望により、作業量が異なってくるということが挙げられます。

当社の場合もお客さまが何をホームページに求めているのかにより、制作費用が異なってきます。

ここでちょっと料金について、ご説明をさせていただきます。
例えば格安制作会社では、39,800円となっております。
その企業が利益を上げるには、いったいどうしたらいいのでしょうか。

製造や建設、技術を提供されている企業さまですとお分かりいただけるかと思いますが、39,800円で利益を上げるには3~5時間程度の作業で仕事をしなければ利益につながらないと思います。

ということは、5時間程度の仕事で作られたホームページだということができないでしょうか。

しかし、ホームページ制作には多くの時間を要し、お客さまの要望によっては、1ヶ月以上も人を貼り付けなければ、要望通りのものができないことがあります。
時間にすると360時間です。
見積りをもらって「50万円」と言われたとしましょう。
このときには、360時間を50万円で購入したと考えてください。
時給に換算していると1,388円ですね。

時給1,388円の人件費を高いと感じるか安いと感じるかは、お客さまのご判断にお任せいたしますが、見積額「50万円」という金額を提示されたとき、その金額にどのくらいの作業時間が含まれているのかがポイントとなるわけです。

なお、360時間もかかるホームページ制作の場合は、100万円は軽く超えることは間違いありません。
制作会社で持っている技術や、ノウハウを購入するという面を持ち合わせていることを考えれば、適正価格がいくらかは制作会社の作業内容に異なってきます。

そこで、見積書を受け取ったら、しっかり各項目をチェックして、どのような作業が行われるのかを隅々まで確認してください。

おすすめの制作会社を探す相見積もりサイト3選

山形だけでも40社以上も制作会社がありますので、相見積りをするにも、お願いをする会社を選ぶこと自体難しいですよね。
制作会社にも得手不得手がありますので、なかなか自分で制作会社を探すのも大変です。

また、料金だけで制作会社を決めるのも危険なことですが、専門的な知識がないと自分に合った制作会社がどこなのか、なかなか思ったところを見つけるのにも骨がいることです。

そこで、山形県で制作会社を探すのにおすすめなのが、相見積りをしてくれるサイトを利用することです。

下記におすすめの相見積もりサイトを紹介させていただきますので、ご参考にしてください。

Web幹事
山形県の優良ホームページ制作会社7社をプロが厳選!【2020年版】目的別におすすめします!

専門のコンサルタントがサポートしてくれる、国内最大級のホームページ制作支援サイトです。
低料金なところ、デザインが強いところ、マーケティングに強いところなど、様々なジャンルでおすすめの制作会社を紹介しています。

ホームページ制作.jp
【2020年版】山形県のホームページ制作会社10社を特徴ごとに厳選紹介!

制作会社が会員となって、登録審査を受けたサイトを紹介しています。
見積りを取ったものの依頼を断りたい場合は、キャンセルの連絡を代行でしてくれるサービスがあります。

アイミツ
山形県のおすすめホームページ制作会社(web制作会社)16選

合い見積もりと言えば「アイミツ」。
一括請求できる数も多く、様々なジャンルでおすすめの制作会社を紹介しています。

合い見積もりのサイトに登録されていない、制作会社の中にも山形には多くの制作会社があります。
当社も、合い見積もりサイトには登録しておりません。

当社の特徴としては、SEOに強く、提案型ウェブアナリティストがホームページ制作に携わるということです。
また、マーケティングも得意としており、集客をメインに考えているかたは、是非ご相談をお待ちしております!

制作実績は参考になるの?

山形の制作会社のサイトには、よく制作実績が掲載されております。
制作実績が掲載されていると、制作会社の過去の実績や、どのようなデザインをするのか確認できるので安心だと思ってしまいますよね。

しかし、サイトの制作はデザインだけではなく、様々なノウハウが必要になります。

デザインの良し悪しだけではなく、本来であれば表面上に見えないコーディングや、サイトに掛かる様々な設定が大切になります。

幾ら制作実績があったとしても、サイトがお客さまにとって、重荷になっていないか、しっかりと集客のツールとなっているのか、サポートをしっかりとしてくれているのかという点で大丈夫であるのかが重要です。

このような目線は、実績を見るだけでは分からず、口コミになってしまいますが、本当の口コミは直接作ってもらった人に聞いてみることが一番の方法ですが、なかなか難しいかと思います。

より良いホームページを目指すためにしておくと良いこと

ホームページ制作にせっかく費用をかけても、「実際に運営してみたら思っていたのとイメージが違いガッカリした」なんてことにはなりたくないですよね。

そうならないために、自社のイメージするホームページのデザイン、内容を制作会社に依頼する前に準備しておくことも大切です。
具体的にどんな準備をしておくと良いのかまとめてみました。

ホームページを作るゴールと予算をはっきりさせる

まず制作会社にどこまで依頼するのかゴールを決めておきましょう。
そのうえで予算を確認します。

ポイントは以下の通り。

  • 制作会社にはホームページの運用まで依頼するのか
  • 運用する場合、月々のランニングコストはどれ位かかるのか、最終的な予算はどれ位になるのか
  • 制作後にスポットで追加サポートを依頼することになった場合どれ位かかるのか

ホームページは作って終わりではありません。

公開後も管理・運用していく必要がありますが、制作業者に依頼するのかどうかもはっきりさせておきましょう。

また、制作会社は提示された予算の中で依頼内容と照合して見積書を提示します。
具体的に金額が決められていないと制作内容も決められないので、予算はしっかり組み立てておきましょう。

おおまかなサイトマップを決めておく

ホームページを制作する場合、ある程度のホームページデザインはイメージしていると思いますが、おおまかなサイトマップまで決めておきましょう。

サイトマップはホームページ全体のページ構成を一覧で記載している地図のようなものですが、ユーザーが目的を探しやすく、検索エンジンにホームページの内容が伝わる機能があるので必要です。

全部で何ページ依頼するのか、どれ位の情報量を掲載するのか決めておきましょう。

ホームページのデザインや雰囲気を絞っておく

ホームページのデザインは、訪れた人が最初にイメージを持ちますので重要です。
依頼者側がどんなデザインを希望しているのか、どんなイメージを持っているのかをしっかり伝えましょう。

ふんわりしたイメージではなく、より具体的なデザインを絞っておくと良いでしょう。
詳しい例や希望を決めておけば、制作会社側の提案が少なくて済み、短時間でホームページ制作ができます。

イメージがない場合は、制作会社が何度も提案をすることになるので、その分時間もかかってしまいます。

デザインのサンプルなどがあるとイメージしやすいので準備しておくと良いですね。

自社の強みや顧客にしたいターゲットを洗い出す

次はホームページを制作するうえで必要な情報をまとめておきましょう。

  • どんなことをアピールしたいのか
  • 自社の商品やサービスの特徴は何か
  • どんな人に見ていただきたいのか。ターゲットはどんな人か
  • 地域の集客はどうするのか。新規顧客を増やしたいのか

おすすめは、あらかじめRFP(提案依頼書)を作成しておくことです。
自社の課題、制作会社への要望が見えてきて、依頼内容がはっきりします。

写真・原稿素材や営業資料をできるだけ揃えておく

自社の商品やサービスを掲載する際は、商品をイメージできる写真や商品説明があると業者とのやりとりがスムーズになります。
箇条書にまとめたり、RFP(提案依頼書)に記載しておいたりすると、制作会社はよりイメージできます。営業資料などを準備しておくのも良いでしょう。

早いレスポンスができるようにしておく

ホームページ制作には担当者とのコミュニケーションが大事です。

制作会社も納期がありますので、できるだけスピーディーな対応を心がけています。

担当者から連絡がきたらできるだけ早い返答をしましょう。
制作会社へのレスポンスが遅いと、納期が延びてホームページの制作が遅くなってしまいます。

早く制作するためには、担当者とのやりとりをスムーズにできるようにしておきましょう。

当社の料金表

当社は低料金でホームページ制作ができるものから、SEO対策をしっかりとしたいかたに向けたメニューまで取りそろえております。

ただし、低料金でホームページを制作する場合は、WordPressのテーマに沿って、写真を入れ替えることをメインにして作業をすすめますので、一般的にはお客さまにはおすすめをしておりません。

ホームページを制作したものの、集客がはかれなかったでは、お客さまに申し訳ないからです。

当社は山形県東根市では珍しいSEO対策をメインとした、コンテンツ制作を主体として業務を行っております。
山形県東根市で珍しいのはもちろんのこと、山形県内でもSEO対策をメイン事業としている制作会社は少ないです。

そのため、ホームページを制作して終わりではなく、しっかりと集客に結び付く資産価値のあるホームページを、お客さまにご提供したいと考えております。
とはいうものの、名刺代わりにホームページを持ちたいというニーズもございますので、低料金のプランをご提供させていただいております。

【WEBページ制作】
ライト レギュラー プレミアム
トップページ 50,000円~ 最大450,000円 要相談
下層ページ 5,000円/ページ 最大120,000円/ページ
SEO対策・モバイル・SSL対応(HTTPS)
納期目安 1ヶ月程度 1~2ヶ月程度 2ヶ月以上
各プランご案内

低価格でWEBサイトを制作するプランです。WordPressテーマを使用するため、更新や管理も簡単に行うことができます。原稿やデータ、素材をご用意ください。

情報発信や、活用できるWEBサイトを制作するプランです。複数のWordPressテーマからお選びいただけます。ご利用されたい素材や原稿などはご用意ください。トップページの構造化もいたします。

ご相談しながら制作するプランです。WordPressの好きなテーマを利用していただけます。管理、更新しやすいように投稿ページのカスタマイズなどもいたします。ホームページ全体の構造化やSEOなど、集客につながる対策もしっかりいたします。

※下層ページの追加は何ページでも可能です。なお同一レイアウトでの料金となります。
※ホームページの更新を毎月継続したいお客さまは、WEBライティングのフレックスライティング契約をお願いいたします。
※新たにホームページを制作及びリニューアルするお客さまはホームページ準備金25,000円とサーバー初期費用、ドメイン登録料が発生いたします。
※お客さまご自身でサーバーやドメイン用意される場合は上記の料金は発生いたしません。
※WEBサイトはすべてワードプレスにて制作いたします。

コストパフォーマンスが良い3つの理由

ライトプランをおすすめしないとなると、「高いなー」と感じるかたもいらっしゃるかもしれません。

しかし、集客のならないホームページ制作に10万円を使うのと、例えば10,000円の商品が月に10個売れるホームページに50万円使うのでは、どちらが高いでしょうか。

ホームページ制作で大事なことは、いくらかかるかではなく、目的をしっかりともって制作することになります。

仮にホームページからの売上げが年間1,000万円であれば、200万円のホームページを作ったとしても決して高い買いものにはならないはずです。

ハウスメーカーで言うところの、「建売住宅」と「注文住宅」を両方取りそろえておりますので、お客さまのニーズに合わせて制作料金をご提案させていただき、コストパフォーマンスを最適にさせていただいております。

当社が高クオリティで制作するために決めている3つのルール

当社は「見てもらう安心感。」をモットーとして、ホームページ制作をさせていただいております。

ホームページは制作しただけでは、世間の人に見てもらうことは難しいです。

「見てもらえる安心感」とは、ホームページ制作をして確実に見てもらえるという思いで、当社のキャッチコピーとさせていただいております。

そこで、世間一般の人に見てもらうために、当社はおもに次の3つのことに注意をしています。

  1. 検索する人が何を知りたいか考えて制作する
  2. 見てもらえるホームページの作成だけで終わらない
  3. SEO対策を含めたデザイン性のあるWEBサイトを作る

1.検索する人が何を知りたいか考えて制作する

ホームページを制作した後に、全く集客できないという企業さまも見受けられます。
SEO対策をしていると言われたものの、集客できていないのはなぜなのか疑問に思うかたもいらっしゃいます。

例外もございますが、会社名や店名をGoogleやYahooなどで検索されたときに、一番先頭に出てくるのは当然のことです。

しかし、会社名で検索されるということは、通常の営業活動で得たリピーターのお客さまがメインになるかと思います。
目的にもよりますが、ホームページはインターネット上に営業担当者を配置する、店舗を建設するものと捉えると、新規顧客を獲得できないホームページは採算に合わないものとなってしまいます。

そのため、当社は制作を受けたお客さまの要望だけではなく、インターネットを利用する人が、何を知りたいのか、何をしたいのかを考えて仕事をさせていただいております。

2.見てもらえるホームページの作成だけで終わらない

デザイン性のあるホームページは、ホームページを保有している人にとっては悪い気はしません。

しかし、インターネットを利用する人は、デザインを見るためにホームページに訪れるのでしょうか?

ホームページのデザインはお客さまから問い合わせがなければ、ホームページ所有者の自己満足になってしまう恐れがあるのです。

名の知れている大企業であればまだしも、いくらきれいな写真を使ったり、先進的なデザインだったりしても必ず消費者が見てくれるとは限りません。

名刺代わりにホームページを制作する目的以外は、何らかの目的で集客が必要になるかと思います。

そのため、消費者が使いやすく、知りたい情報をいかに提供したらいいのかを常に考え、常にホームページ制作にあたっています。

また、ホームページは制作して終わりではなく、日々更新することで「育て上げる」ということも大事です。

そのため、作りっぱなしのホームページにすることなく、ホームページをいかに運用したらいいのかということも、ご提案させていただいております。

3.SEO対策を含めたデザイン性のあるWEBサイトを作る

先ほども触れましたが、当社は山形県東根市では珍しい、SEO対策をメインとした事業を行っております。
これは、山形県東根市で珍しいのはもちろんのこと、山形県内でもSEO対策をメイン事業としている制作会社の数は少ないです。

SEO対策で集客できるのであれば、もちろんのことデザインも気にしなければいけません。

集客と操作性をメインに考えつつ、デザインをおろそかにすることない、ホームページ制作を心がけております。

まとめ

ホームページ制作会社を選ぶコツは、自社の目的をうまく表現できる制作会社と出会うか、良い担当者か、費用が的確か、信頼できる業者か、etcです。

せっかく費用をかけて制作するホームページですので、良いホームページができるよう是非ご参考にしてみてください。

WEBサイトについてのコラム

web製作準備Web製作についての簡単な流れを紹介しています。

山形県について

当社の所在地山形県は、人の顔の形をしている地形になっており、「きてけろ君」という山形県の地形をモチーフしたゆるキャラでが存在します。

山形県の木は「サクランボ」で、「サクランボ」と言えば、当社が事務所を構える東根市が「佐藤錦」発祥の地として有名です。

山形県は4つの地域に分かれており、海沿いの庄内地方と、内陸の村山、最上、置賜では風習も大きく異なります。
また、宮城県との県境は奥羽山脈があり、新潟県に近いところには朝日連峰がそびえ、山形県の面積に対して実に85%が山地になっています。

日本海に面している庄内地方では、山形県の魚であるサクラマスが釣れることで、ルアー釣りをする人には有名。

山形県は雪国とのイメージが強いのですが、実は夏は暑く観測史上の順位は8番目(2020年8月現在)。
山形県は21世紀にはいる前まで、1番の記録を持っていました。

山形県庁所在地の山形市について